検索

「言語の必要性」

「言語」は表現者にとって、どこまで必要なのだろうか?


表現方法によって言語化の重要性は違うだろうが、おざなりに考えていた私に心境の変化があった。


"口で説明できないから思考は絵で表現する"


そう言っていた時期があった。


そうしていくと、どうなったかと言えば

作品自体が持つ力が弱くなったように感じたのである。

恐らく言語の発信を行わず、誰とも対話をせずに作品だけを公開していく手法であれば、

感じないのかもしれない。


しかし私は、人と対話をすることが好きで、絵を通じて生まれる考察も大好きなのだ。


だからコンセプチュアルアートと自称している。


それなのに今の私はかじりかけの外国語と似た感覚で、

頭の中に思考はあるのに、アウトプットできない状態。



もどかしい!!!!

さて、なぜこんな事を書くのかというと、

実は6月に開催するエキシビジョンが大きく関わってくる。