検索
  • 桜井智

実験的空間「銀紙工場」

さて、6月9日から始まる展覧会「 #銀紙工場 」のテーマを

語りすぎない程度にお話しします。

1960年代、ニューヨークにアンディ・ウォーホルのアトリエがありました。


名称は「Silver Factory ( #シルバーファクトリー )」

そのアトリエでは美術家、ミュージシャン、

トランスジェンダー、俳優など、

自由な思想を持つ人々が集まり、

さまざまなコラボレーションが行われた

サロンのような空間だったと言われています。


アンディー・ウォーホルは言いました。

「未来には、誰でも15分間は世界的な有名人になれるだろう」と。

さて、彼が言う未来とは一体いつの事なのでしょうか。

2021年現在。

きっと私たちは彼が想像した以上の

未来を生きているに違いありません。

その未来を生きる私たちが考える未来とは?

そんな「時間」をテーマに

「銀紙工場」のプロジェクトが立ち上がりました。

主催は #株式会社ベモーレ 様、

アートディレクターはドイツで活動する写真家、

タイナカジュンペイさん