浸透

​Biography

Monochrome Artist

Tomo Sakurai / 桜井 智

beauty_1592588358588_edited_edited.jpg

Lives and works in Tokyo Japan.
Artist who uses monochrome to express color and deep psychology. Started drawing pencil when she was a teenager, fascinated by the beauty of shadows. After studying graphic design at art college, Awakening to the importance of the "duality of things" and the "multidimensional self" she returned to the path of monochrome art. Since 2022, she has been using "Bamboo" in her own artwork as an environmental improvement activity and social contribution activity, and has been sending her artwork to the world.

 

野県生まれ 。東京都在住。

 モノクロームで色彩と深層心理を表現するアーティスト。十代の頃、陰影の美しさに魅了され

    鉛筆画を描き始める。美術大学でグラフィックデザインを学んだ後、十三年間別の道を歩む。

    その後「多元的自己」と「物事の二面性」の重要性に目覚め、

    2019年にモノクロームアートの道に戻る。 

  2021年、パリ、ニューヨーク、韓国、ジョージアにあるGALERIE bruno massaと契約。

    2022年、「世界にモノクロームアートと日本の竹を広めるプロジェクト」を開始。

 

    アート×SDGs×社会貢献活動の第一弾として、9月にフランス・パリのカルーゼル・デュ・

    ルーヴルで開催される「FOCUS Art Fair2022 Paris」に参加する。

0618.jpg

The recognition of conflicting events and values is the key concept to understanding essence.

The moment of reconciliation or discord between

the two polar phenomena is captured and put into the black-and-white world.

相反する事象や価値観の認知こそが本質を理解するための重要な概念である。

両極の現象が融和または、不和する瞬間を切り取り白黒の世界に落とし込む。

 
 

CV

Solo

 2021  TOMO SAKURAI Print Exhibition Vol.1 (RESURRECTION, Tokyo)
 2020  Tomo Sakurai Exhibition (Off The Street Gallery, Tokyo)
            MONOCHROME 2020 Tomo Sakurai exhibition of original picture (Art Gallery SANAGI, Tokyo)

Group

 2021  Tomo Sakurai and shinPo mai 2person exhibition "Totan no me"(Laugh&Peace Art Gallery, Osaka)

             Installation of a 2person exhibition “Silver Factory”(Double tall art & Espresso bar, Tokyo)
             

Art Fair

 2021 ART FAIR TOKYO 2021 (Tokyo International Forum, Tokyo)
 2020 artTNZ produced by AFT with APCA (TERRADA ART COMPLEX II, Tokyo)

Awards

 2022  "1st Millennium Arts: Makino Mitsunori International Art Grand Prize Exhibition" Encouragement Award

   2007  "Yokohama College of Art Graduation Exhibition" Encouragement Award

Museum

  2020  Korea Art Museum, (Soul)

  2007  横浜美術短期大学グラフィックデザイン科卒業

個展

  2021  TOMO SAKURAI Print Exhibition Vol.1 (RESURRECTION、東京)

  2020  MONOCHROME2020 桜井智原画展 (Art Gallery サナギ、東京)

 

グループ展

  2022  三人展-GACHA- (ダブルトールアート&エスプレッソバール、東京)

  2021  Tomo Sakurai and shinPo mai 二人展-塗炭の芽-(Laugh&Peace Art Gallery吉本興業 、大阪/上之町會館、岡山)

      シークレットエキシビジョン「UNCHAiN」(コープオリンピア原宿、東京)

      インスタレーション2人展「銀紙工場」(ダブルトールアート&エスプレッソバール、東京)

 

アートフェア

  2022  FOCUS Art Fair 2022 Paris(カルーゼル・デュ・ルーブル、パリ)

  2021  アートフェア東京2021 (東京国際フォーラム、東京)

  2020  artTNZ produced by AFT with APCA (TERRADA ART COMPLEX Ⅱ、東京)

 

ライブペイント

  2022  HIGH FIVE SALADコラボイベント(ハイファイブサラダ早稲田店、東京)

           三者三妖(ダブルトールアート&エスプレッソバール、東京)

           neutral(Débris代官山、東京)

 

受賞

  2022 「第一回牧野満徳国際芸術大賞」奨励賞

  2007 「横浜美術短期大学卒業展」奨励賞

 

美術館

  2020  韓国美術館 (ソウル)

katharsis透過.png
浸透_HP 中_edited.png

Many of her works are based on the theme of "duality".
This state of duality can be described as
"incompatible, yet coexisting",
"contradictory, yet coexisting",
"only valid because they are in opposition"

This can be applied to emotions, to things, to all things.

We humans, without exception, are built on it.

And in her daily experience,
She found a contrast and beauty in the power
that comes from the danger of the state of affairs
and the limitations of the phenomenon.


Expressing in monochrome is her way of life.


桜井智の作品には
「二面性」を
テーマにしているものが多く存在する。
「二面性」の状態とは
「相入れないはずなのに共存する」
「矛盾していながら同居している」
「対になっているからこそ成立している」
といった具合である。

これは感情や物事全ての事柄に当てはめることができ、
我々人間もその上で成り立っているのだ。

彼女はある時
その状態の危うさや
現象を保とうとする際に生み出される
極限のエネルギーに白黒の対比と美しさを覚えた。

彼女にとってモノクロームで表現する事は
生き方そのものなのである。