​Biography

鉛筆画家/ 桜井 智

PencilArtist/ Tomo Sakurai

長野県生まれ。東京都在住。

鉛筆画に目覚めたのは13歳の頃。

陰影の美しさに魅了される。

美術大学でグラフィックデザインを学び

独学で鉛筆画の道へ。

一度は別の道を進むが13年後

とある事がきっかけで再び描き始める。

作品は一見暗く奇妙に見えるが

その中に光や希望、本質や欲望を描いている。


Tomo Sakurai had an awakening of

her talent in pencil drawing as a teenager.

It was the beauty of the shadow that completely fascinated her.

After she studied graphic design at art university, 

she went ahead to the path of the black and white by self-study.

Her body of work is seemingly dark and peculiar,  

but it portrays light, hope, essence and desire. 

 

CV

略歴

2007    横浜美術短期大学グラフィックデザイン科卒業

アートフェア

2021   「アートフェア東京2021」東京国際フォーラム、東京

2020     「Art TNZ produced by AFT with APCA」寺田倉庫、東京

個展 

2020  「MONOCHROME 2020桜井智原画展」サナギ新宿、東京

            「桜井智展」Off The Street Gallery、東京

    

グループ展

2020  「亜細亜美術招待展」韓国美術館、韓国

     「10+」アートギャラリー草(sow)、神奈川

受賞歴

2007  「横浜美術短期大学卒業展」  奨励賞

 
IMG_0870_edited.jpg

Concept

自身の作品は「二面性」を

テーマにしているものが多い。

「二面性」の状態とは

「相入れないはずなのに共存する」

「矛盾していながら同居している」

「対になっているからこそ成立している」

といった具合である。

これは感情や物事

全ての事柄に当てはめることができる。

例外なく私たち人間も

その上で成り立っているのだ。

私はある時その状態としての危うさや

現象を保とうとする

限界から生み出されるパワーに

白黒の対比と美しさを覚えた。

私にとってモノクロームで表現する事は生き方そのものなのである。


Many of my works are based on the theme of "duality".

This state of duality can be described as "incompatible, yet coexisting", "contradictory, yet coexisting", or "only valid because they are in opposition". This can be applied to emotions, to things, to all things.

We humans, without exception, are built on it.

And in my daily experience, I found a contrast and beauty in the power that comes from the danger of the state of affairs and the limitations of the phenomenon.

Expressing in monochrome is my way of life.